上手に育児と家事を両立させる体験談まとめ

お気持ちよーく分かります泣 きっと世のお母さん方皆さん同じ気持ちだと思います。コツというか私がやっていた事は、家事に優先順位をつけて、例えば掃除は毎日しなくても問題ないので、やらない。夕飯作りは翌日分まで多めに作ったり、作る時間を夕方にこだわらず午前中でもやれそうなときに作ってタッパーに入れて冷蔵庫保存していました。きっと育児に頑張ってらっしゃるからこそ出てくる悩みだと思います。子どもは本当にあっという間に成長していきます、私も悪戦苦闘しましたが、今だけと思ってやり過ごし、家事より育児に重きを置いてました。子どもたちが学校に行き出したら、元のように出来ます。


うちは双子で、しかも夜は寝ないし、あまり職も進まないし身体も弱く、2人で代わる代わる毎日のよう病院に通っていたくらい育児に手いっぱいでした。なので、家事ははなから両立させようという気概もわかなかったので、使えるものは使おう!と考えていました。まずは、掃除や料理が手抜きでも子育てで忙しいので文句を言わないでと先にくぎを刺しました。そして旦那さんの弁当をやめて、朝ごはん自分で作ってもらうようにお願いをしました。それでも大変なので、ファミリーサポートで掃除や買い物をお願いしたり、食材も宅食をお願いしたら楽でした。


子供が赤ちゃんの頃は全然家事ができませんでした。生後半年くらいになると、ママの顔が見えなくなると泣いてしまうので、洗濯物を干すのも一苦労、夕飯作りもバタバタという感じでした。とくに二人目が産まれてからは、どうしても上の子のご飯作りがあるので家事をせざるを得ません。そんなとき何度も助けられたのが、レトルトカレーです。ご飯を炊いて、カレーを温めるだけで食べられる手軽さと、最近は子供用の添加物の少ないレトルトカレーもあるので罪悪感もありません。大人は辛目のインドカレーなんかをチョイスして、いつもなら味わえない大人な味のご飯を堪能しています♪是非お試しください♪


“私も子供が乳幼児の頃は、寝付きが悪くてずっと抱っこしている状況で火事が全然できませんでした。ですが、掃除は基本的に夫がいるときに手伝ってもらっていい、料理に関して言えば土日で作り置きを作ることで賄っていました。
買い物も週一にして、買った野菜は切って冷凍してお肉も細かく切って味付けをしてから冷凍することで、もうあとは焼くだけの状態にしておくことで時間の短縮を行いました。もちろん夫がいて、子供を見てもらっている時にしていましたが、ある程度は仕方ないと思って7割位の家事の完成度で行っていました。
洗濯に至っては、乾燥機付きの洗濯機だったのでそれをフル活用していました。”


“子供は目が離せないし、家事はやる事がたくさんあるし1日があっという間に過ぎます。うまく両立できるのが一番ですが完璧にこなすのは難しいです。
育児は手が抜けません、ですが家事は多少目をつぶるしかありません。食事に洗濯に買い物、細かな事を上げれば家事に終わりはありませんが、とにかく必要最小限の事をすればいいです。例えば掃除は毎日でなくても決まった曜日に今日はトイレ掃除、今日は水回りなど決めるとメリハリがついて効率が良いと思います。食事はとにかくできる時に簡単な素材で作り置きをしておけば、副菜としてたべれます。完璧にしようと思わずにが一番です。”


ずばり両立しない!です。自分の体は一つしかないですし、誰だって毎日元気元気!というわけではないと思います。多少、手を抜いても大丈夫なところは楽をするのがいいです。出来る事と、絶対に手を抜きたくないところだけは日々頑張って頂いて、ここは別に今じゃなくてもいいかなぁ?と思えるところは後回しです。手を抜いていても、結果育児も家事も両立出来ていると私は思います。誰も世の中はほめてくれませんが、育児も家事も日々頑張っている方たちは素晴らしいと思います。それで文句があるなら、やってみろ!くらいな気持ちでいると自分が楽だと思います。


“小さな子どもがいると、なかなか家事と育児を両立できませんよね。
よく、「赤ちゃんが起きている時には育児をし、赤ちゃんが眠ったら家事をすればいい」と聞くこともありましたが、うちの子は生後3ヶ月くらいまでは、抱っこやおんぶでないと寝てくれない赤ちゃんでした。ですので、主な家事は抱っこやおんぶをしながら行っていたのを覚えています。とはいえ、掃除・洗濯はまだしも、料理は包丁やガスを使うので、万が一のことを考えると「抱っこやおんぶをしながら」というのは怖くてできません。なので、「今のうちは仕方ない」と割り切って、冷凍食品やお惣菜を買ってくることも多々ありました。子どもが1~2歳になれば、外遊びをたくさんして、抱っこをしなくてもぐっすりお昼寝できるようになるので、家事をするのがグッと楽になりました。子どもが小さなうちは、家事に100%を求めなくてもいい、と割り切ることも必要かなと思います。”


“2歳・4歳の子を持つ2児の母です。育児と家事の両立にはいつも頭を悩ませています。我が家では、上の子が幼稚園に行ってる時になるべく家事を進めるように心がけています。二人いるときの家事はほんとに無理!それぞれ違うことをしたり話しかけてきたりするので体が足りません。
まず家事をやるときのことです。やりたがりの子供達はとにかくついて回ります。そうゆうときは、あえて仕事を与えます。テーブル拭きやハタキなど「助かるなー!上手!」とおだてながら。洗濯物の時は、タオルや簡単そうなのを数枚分け与え、少し離れたところで自由にやってもらいます。後で畳み直せばいいやと、多少諦めが肝心ですね。

大変かもしれませんが、声がけしながら別のことをする分には、子供もあまり怒りません。どうしても集中して聞いてあげられない時は、とりあえず相槌をしてあげましょうと保健士さんにアドバイスをいただき、そのようにしています。”


“家事の中で時間を取られるのが
洗濯
日々の買い物

洗濯機は元々縦型の一般的な物を使っていたのですが
ドラム式洗濯機に替えてから一気にラクに!
例えば
工程は洗濯→干す→畳む
雨の日が続くと部屋干し又は何日か溜めて一気に洗濯
なので量によってはかなり時間がかかります。
子供は必然的にその間放置になってしまいます。
でも、それをドラム式洗濯機に替えると
一気に乾燥までしてくれる為
その間子供との時間や掃除の時間に充てられるようになります☆
出来上がった洗濯物はフワフワ!幸せです!

2日々の買い物
こちらについては食材の買出しに子供を連れて行くとなると
あれ欲しいこれ買ってと駄々こねられたり
風邪をうつされるかもしれない等心配事がたくさん!
そこで「ネットスーパー」がオススメ!
私はイオンネットスーパーを利用しています。
わざわざお店に行かなくていいし、余分な物を買わずに済みます。スマホ1つで買い物出来る、いい時代です。”


“家事と育児が両立できない理由としてよく挙げられるのは「抱っこしていないと赤ちゃんもしくは子供が泣くから」だと思うのですが、私の場合は抱っこ紐で解決しました。抱っこしながらできることはひたすら抱っこしたままやるという感じでした。おんぶが大丈夫ならおんぶでもいいと思います。うちの子はおんぶだと泣いたのと、私の腰痛が悪化したので抱っこでした。
例えば、料理。抱っこ紐で前抱っこしたままやっていました。まだ赤ちゃんで手を出してこなかったからできたことではありますが、泣いているのを放っておいて料理するよりは集中できました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です