育児中でもできる主婦の節約方法体験談

私は買い物が大好きで、子どもがいないときは毎日近くのスーパー2,3店舗を回って、お菓子やお酒など、ついつい必要のないものまで買い込む癖がありました。子どもが生まれて、あまりで歩けなくなったのと、無駄遣いをひかえようと思って、ネットスーパーを利用することにしました。1週間ごとにざっくりした主食、主菜の献立を決めておいて、週に2,3回ほどネットスーパーで必要な物だけ頼むことにしました。送料がかかるので、毎日頼まなくて良いし、実際の店舗だとあれこれ目に入ってしまう誘惑がないので、だいぶ食費を削れたと思います。


“育児中ってなにかとお金がかかりますから、外食は避けてできるだけお弁当を持参してでかけるようにしていました。
おやつに関してもフルーツを切っていったり、サンドイッチやラスクを作って持っていたりと買ったりするのは避けました。子供がまだ小さいので外食自体が大変ですしね。
テーマパークに行ったりするのも確かに楽しいですが、毎月ではなくても良いのかなと思って、近くの公園だったり支援センターで遊んでいました。入場料もかからないし、友達家族と行くと盛り上がりますし良いことばかりでした。おにぎりだけ持って公園でも、外だと良い気分転換になりました。”


「節約するより、多少なりとも働いて収入を得たほうが家計にはプラスになる」とは言っても、子どもが小さかったり、頼れる実家が近くになかったりすると、なかなか外に働きに行くこともできませんよね。そんな時は節約をするしかないわけですが、私が行った節約方法は、「子どもとの遊びにお金をかけない」ということでした。子どもが1才を過ぎ、歩けるようになってからは、近所の公園めぐりが日課でした。公園なら、遊具で遊んだり砂場で山を作ったりと、いろいろな経験ができます。水筒を持参すれば、長時間いてもお金はかかりません。たくさん遊べば、午後はぐっすりお昼寝してくれるので、その間に家事をしたりリラックスしたりすることができるので、おすすめです!


“育児をしていると子供にかかる費用が増えてしまいます。それは節約するために、まず子供のものは基本的には買いませんでした。服は最低限のものを買い、親戚からお下がりをもらったりしました。おもちゃも買ったとしても遊ばないこともあるため、iPhoneで音楽を流したり、手遊びをしたり、絵本は図書館で借りてお金をかけませんでした。
日中は図書館に行ったり、保健センターで遊んで冷房や暖房も付けませんでしたし、天気が良い時は近くの公園にお出かけして家で遊ぶ事はあまりありませんでしたので、おもちゃは基本的に入りませんでした。”


“私が育児で忙しく日々の中で実践していた節約法は「隙間ポイ活」です。
育児をしていると、幼い我が子から目を離せないので外出はもちろん、家にいても長く自分の時間をとることは難しいですよね。
なので買い物も通販を利用することが多く、そうした買い物を通して節約できるのがポイ活だったのです。
具体的には通販サイトを利用するときはポイントサイトを経由することで、購入額に応じたポイントを貯めました。
さらに、育児中の数分の隙間時間にアンケート回答やCM視聴などでコツコツとポイントを貯めていったのです。
どれも一度に獲得できるポイント数は小さなものですが、毎日コツコツと作業することで一月あたり手に入るポイントは約1万円分にもなり、大きな節約となりました。
よろしくお願いします。”


育児中にできる節約方法としては、まず食事で食費を節約していました。食事は、野菜を中心として肉は鶏肉を食べることにしていました。育児中に太ってしまったこともあり、鶏肉としたのですが鶏肉は肉類の中で最もカロリーが低いし値段も安いのでいいと思います。野菜は安い時に、大量にかってそれを下処理をして冷凍する方法がいいと思います。すると、そのまま野菜を炒めることもできるし、とても便利です。安い時に買うので、その点でも節約になります。野菜は、じゃがいも、人参玉ねぎは値段がそんなに高くないのでよく使っていました。


一番節約の効果が高いと思ったのは作り置きです。週1で旦那の休みの日に買い出しと調理を行います。大体1?2週間分の料理を作って冷凍しておくことで、仕事帰りの旦那もレンジで温められるので外食が減りました。また、そのときにクッキーの素などおやつ系も冷凍しておくことで、家にいつつ、育児をしながらちょっとしたティータイムを楽しむこともできます。お子様が大きければ週1程度の買い出しでおやつをねだられることが減りますし、おやつの時間はオーブンにクッキーを10分程度入れておけば完成します。とても楽ですし節約にもなりますよ!


“手っ取り早く節約するには食費を抑えるのが一番だと思います。①基本子供や旦那とは買い物に行かない(子供や旦那が一緒にいると知らない間にカゴに商品を入れられる)②まとめ買いをする(基本は一週間に1回、一週間の献立を考えてから必要な物だけ購入する)③空腹ときに買い物に行かない(お腹が空いていると買わなくてもいいものまでついつい買ってしまう)④市販のお菓子は買わない(出来るだけ手作りで節約。我が家で頻度が高いおやつは子供と一緒につくるホットケーキ!)⑤フルーツも比較的買わない(季節のフルーツは高い!なるべくバナナなどお手頃なもので我慢我慢。)
以上、食費の節約方法でした!”


買い物に行くと必要な物だけ買おうとしても子供がお菓子を欲しがったりとムダな出費に繋がるので、買い物に行く回数を減らすのが一番の節約でした。行く回数を減らしたとして、行った時にムダ買いが増えないように必要な物をリストアップしておくのも節約効果ありです。そのほうが、「あったかなかったかわからないからとりあえず買っておこう」がなくなるので。あとは、子供用のカレーや4連になっているお菓子は100円ショップのほうが安いので100円ショップに行ったついでにまとめ買いするようにしています。100円ショップでも100円だからとあれこれ買い込まずに目的の物だけ買うようにしています。


“まずは、食材の安いスーパーを探して、外食を控える。
子どもが少し大きくなってきたら家で手巻き寿司やお好み焼きを子どもと一緒に作ってみたり、おやつでクッキーを一緒に作ってみたりする。
もう少し大きくなったら、食材を大きめに切れるカレーやシチューなど包丁で切るのを手伝ってもらったりして、おうちご飯を楽しむ。
コンビニやスーパーに行く回数を減らして、無駄な買い物を控える。
我が家は子どもが4人いるので、買い物に行くたび全員にお菓子を買っていたら無駄な出費になる。
休日も、お弁当を持参して公園や、入場料が安い動物園に行ったりする。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です